マインドフルネス効果

サッカーマインドフルネスの代表的な効果といえば、ストレスや不安の解消といったメンタル面の改善と、脳の疲労を改善することでのパフォーマンスの向上で、これがアスリートにも人気になっている理由です。サッカー界やバスケットボール、角界やテニス界と言った有名選手も実践しているといいます。ある大学の特任教授が、マインドフルネスがスポーツ競技者に与える影響について研究論文を発表しているので、少しご紹介しましょう。

マインドフルネスはもともと仏教の教えからきたもので、簡単に言えば「意図的に、この瞬間に、価値判断せずに、注意を向けること」です。人によって解釈はさまざまですが、言い方は変わってもそれらが指すことは「自己客観視能力」であることと集約されます。例えばアスリートの中には頑張りすぎて燃え尽き症候群に陥ってしまう人がいますが、それは辛いトレーニングをしすぎると体の防衛本能として、その辛さに気がつかなくなってしまうのです。その結果、ストレスに気付かなかったことで身体的な疲労が蓄積したり、胃潰瘍になったりと体に悪い影響が出てしまいます。そうなってしまう前に、マインドフルネスによって自分の身体の状態に気づいてあげることが大事なのです。

マインドフルネスはこういった点からフィットネスクラブでも採用されるようになってきており、マインドフルネスに関する著作も多く発行されています。ストレスを解消したいと考えている方はフィットネスクラブでマインドフルネスに触れてみてはいかがでしょうか。