どのようにして行うか

マインドフルネス瞑想とはどのように実践すればよいのでしょうか。瞑想をするときは適度な明るさや室温の場所で、自分が最もリラックスできる姿勢で行うことが良いとされています。瞑想なので座禅を組まなければいけないなどの縛りは全くなく、人によっては床に寝転がることや、あるいは椅子に座って行う方もいます。自分にとって最もリラックスする姿勢で臨みましょう。

瞑想マインドフルネス瞑想は長時間行う必要はなく、初めは10分程度でチャレンジしてみましょう。姿勢と呼吸を意識しながら静かに瞑想に入って、慣れてきてコツがつかめるようになったら20分~30分と時間を延ばしていくとよいでしょう。五感に意識を集中させて、例えば今、手に触れているものの感触や温度、また聞こえてくる音にはどのようなものがあるのかを感じることで五感がみるみる磨かれていくので、自分自身の心と体を観察するのもよいでしょう。

効果の表れ方や現れるまでの期間には個人差がありますが、おおむね4週間を目安に続けていくと、さまざまな思考や環境に影響されることなく、目の前のことに集中できるようになります。そして実践するときは、この瞑想の先にあるゴールを見据えながら行うことが重要で、効率よく仕事をこなしたい、ストレスを減らしたい、もっと自分に自信をつけたいなど、目標をはっきりさせることで効果も出やすくなるのです。