どのようにして行うか

マインドフルネス瞑想とはどのように実践すればよいのでしょうか。瞑想をするときは適度な明るさや室温の場所で、自分が最もリラックスできる姿勢で行うことが良いとされています。瞑想なので座禅を組まなければいけないなどの縛りは全くなく、人によっては床に寝転がることや、あるいは椅子に座って行う方もいます。自分にとって最もリラックスする姿勢で臨みましょう。

瞑想マインドフルネス瞑想は長時間行う必要はなく、初めは10分程度でチャレンジしてみましょう。姿勢と呼吸を意識しながら静かに瞑想に入って、慣れてきてコツがつかめるようになったら20分~30分と時間を延ばしていくとよいでしょう。五感に意識を集中させて、例えば今、手に触れているものの感触や温度、また聞こえてくる音にはどのようなものがあるのかを感じることで五感がみるみる磨かれていくので、自分自身の心と体を観察するのもよいでしょう。効果の表れ方や現れるまでの期間には個人差がありますが、おおむね4週間を目安に続けていくと、さまざまな思考や環境に影響されることなく、目の前のことに集中できるようになります。そして実践するときは、この瞑想の先にあるゴールを見据えながら行うことが重要で、効率よく仕事をこなしたい、ストレスを減らしたい、もっと自分に自信をつけたいなど、目標をはっきりさせることで効果も出やすくなるのです。

マインドフルネス効果

サッカーマインドフルネスの代表的な効果といえば、ストレスや不安の解消といったメンタル面の改善と、脳の疲労を改善することでのパフォーマンスの向上で、これがアスリートにも人気になっている理由です。サッカー界やバスケットボール、角界やテニス界と言った有名選手も実践しているといいます。ある大学の特任教授が、マインドフルネスがスポーツ競技者に与える影響について研究論文を発表しているので、少しご紹介しましょう。

マインドフルネスはもともと仏教の教えからきたもので、簡単に言えば「意図的に、この瞬間に、価値判断せずに、注意を向けること」です。人によって解釈はさまざまですが、言い方は変わってもそれらが指すことは「自己客観視能力」であることと集約されます。例えばアスリートの中には頑張りすぎて燃え尽き症候群に陥ってしまう人がいますが、それは辛いトレーニングをしすぎると体の防衛本能として、その辛さに気がつかなくなってしまうのです。その結果、ストレスに気付かなかったことで身体的な疲労が蓄積したり、胃潰瘍になったりと体に悪い影響が出てしまいます。そうなってしまう前に、マインドフルネスによって自分の身体の状態に気づいてあげることが大事なのです。

マインドフルネスはこういった点からフィットネスクラブでも採用されるようになってきており、マインドフルネスに関する著作も多く発行されています。ストレスを解消したいと考えている方はフィットネスクラブでマインドフルネスに触れてみてはいかがでしょうか。

フィットネスのマインドフルネスとは

ここ数年来、フィットネスクラブにおけるマインドフルネスも一般的に認知され始め、その高い効果がスポーツ界や医療関係に注目されてきました。いつでもどこでも簡単に訓練でき、海外の大手検索サイトGoogleや巨大SNSグループのFacebookでも脳のトレーニングとして社員教育に導入しているケースも多数見受けられます。今後は日本においても企業研修の一環として導入される風潮が漂っています。

満ち足りていく身体ではマインドフルネスとはどのようなものなのかと言うと、意識的に、今この瞬間の自分自身の身体や気持ちに心を向ける、ということです。このマインドフルネスを体得するためには、マインドフルネス瞑想が一番メジャーであり、瞑想することによりリラックスでき、心を落ち着かせることができます。雑念が湧いてきてもそのことに気が付くことによって何度も集中することができ、心身の健康をコントロールすることができるようになります。

心身のコントロールができるようになると、五感が鋭くなり、心と体が満ち足りた存在であることを思い出すことで、幸福感を味わうことができます。さらに、どのようなときでも穏やかな気持ちになってストレスを感じにくくなり、物事にあまりとらわれなくなるといった効果も現れることがあります。10分から始められる瞑想なので、忙しい方も無理なく実践し継続していくことが可能です。また瞑想を始めると、普段無駄にしている時間がとても多いことに気がつくことでしょう。

ストレスで心のバランスを崩してしまいがちな方もマインドフルネスを習得すると自分をコントロールできるようになり、楽になることができます。